はじめてリーダーを任された時に読んだ本

はじめてリーダーを任された時に読んだ本

私がはじめてシステム開発のプロジェクトチームリーダーを任された時に読んだ本を紹介したいと思います。約1年怒涛の日々の中読んでいた本です。

はじめてのリーダー論 部下と上手につきあう31のコツ

 

一番最初に買った本です。とにかくはじめてということで、そのまんまのタイトルの本を購入しました。リーダーとしての意識の持ち方から、チームメンバーとの付き合い方などを学ぶことができました。
学んだということと上手くできたかはまた別の話ですが。。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 [ 岩田松雄 ]

 

リーダーとしてだけでなく、人としてどうあるべきかなども考えさせられた本です。この本を読んでいて岩田松雄さんの元で働いてみたいとさえ思いました。岩田松雄さんの本は全て読破したいと思っています。

はじめての上流工程をやり抜くための本 システム化企画から要件定義、基本設計まで (エンジニア道場)

 

プロジェクトのマスタースケジュール上では私が任された時点で製造工程でしたが、設計工程がほぼ何も行われていない状態でしたので、どうすべきか、どうすべきだったのかを勉強するために購入しました。
こちらは流し読みしたものの当時のプロジェクトにはあまり意味がない状態でしたので、今度じっくり読む予定です。

はじめての設計をやり抜くための本 概念モデリングからアプリケーション、データベース、 (エンジニア道場)

 

こちらも今回設計工程が不十分だったため、どうすべきだったのかを学ぶために購入しました。

システム設計の謎を解く 改訂版 強いSEになるための機能設計と入出力設計の極意

 

こちらも自身が設計工程からリーダーであった場合にどうすべきであったかを学ぶために購入しました。とても参考にしたいと思える本でした。次の機会にはこの本を参考にしつつ進めてみたいと思っています。

はじめよう!システム設計 要件定義のその後に

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめよう!システム設計 要件定義のその後に [ 羽生章洋 ]
価格:2354円(税込、送料無料) (2018/6/12時点)

 

設計関係の本が多いですが、今までも設計〜製造〜運用と経験してきてはいましたが、普段購入する本はプログラムスキルを磨く本ばかりでした。そのため、改めて設計からしっかり学んでみようと思い色々と購入しました。

他にも色々購入していますが、気が向けばこのページに追加していきます。

思考は現実化する アクション・マニュアル、索引つき

これからリーダーを目指す方、すでにリーダーの方も読んだことがない人にはこちらもぜひ読んでみてほしいと思います。

この本でも人としてどうあるべきなのかを考えさせられました。

マネジメントカテゴリの最新記事